メディケアサポートHABA エスペランサ伊豆高原医療法人社団 いずみ会

クリックでメニューの
開閉が出来ます

menu

施設の特徴/CCRCとは

CCRC(Continuing Care Retirement Community)とは

高齢者が健康なうちに入居し、
終身で過ごすことが可能な生活共同体のこと。
1970年代のアメリカで始まった
このコミュニティの最大の特徴は、
入居者がすべてシニアであり、
なおかつ元気で充実した生活をしていることです。
医療・介護や、健康的な食事のサポートも整った
このような施設はまだ日本には少なく、
メディケアサポートHABA エスペランサ伊豆高原は
その先駆けを目指します。

設立にあたって

この伊豆高原の地で地域医療の専門医を目指し開業してから、平成29年12月に20年を迎えました。

多くの患者さまと接する中で、開業まもない頃には地元の方々やセカンドライフとして伊豆での暮らしを楽しんでいらした方が、最近では団塊世代の高齢化と共に介護が必要になり、息子さんや娘さん夫婦の暮らす近居へ否応なく転居せざるを得なくなった現状をたくさん見るようになりました。

今回、開設したメディケアサポートHABA エスペランサ伊豆高原は、自然溢れるこの地域の住み慣れた場所で、又は都会で暮らしている方々がセカンドライフとして自然を求め、自らが参加しながら目的を持った楽しく活き活きとした生活ができる環境を提供することを理念としています。

医療・介護・予防の三位一体のサービスを通して他にはない「新しい老人ホームのカタチ」を和製CCRC(Continuing Care Retirement Community)として提案していきます。

院長写真

医療法人社団 いずみ会

理事長巾 尊宣はば たかのり

安心の運営母体

メディケアサポートHABA エスペランサ伊豆高原は
『医療法人社団 いずみ会』が運営しています。
いずみ会は、医療・介護・予防の三位一体による
総合サービスを通して、
地域の皆様の健康向上と回復のため、
良質な医療及び介護を提供しています。
その経験と知識を活かし、
“医師が提案する老人ホーム”として
入居者様の安心を保証いたします。

安心の運営母体

こだわりの一戸建て住戸

メディケアサポートHABA エスペランサ伊豆高原
最大の特長は入居者様がそれぞれ
一戸建て住戸で生活するという点です。
温かみを感じる木造平屋建ての住居は、
希望により温泉も供給可能でオールバリアフリー。
ウッドデッキ前には家庭菜園があり、
四季折々のお花や野菜の栽培を楽しめます。

敷地内に医療・介護施設を設置

入居者様が健やかな生活を送れるよう、
敷地内にクリニックと介護居室を設けています。

生活に寄り添った施設・設備

日々の生活を快適なものにしていただく為、
入居者様の目線に立って理想のサービスを追求。
施設・設備にもこだわりのサービスを
ちりばめました。

お問い合わせ・ご相談

お気軽にお問い合わせください

TEL:0120-057-887
   0557-51-7887

最新イベント情報はこちら 最新イベント情報はこちら
メディカルはば伊豆高原 メディカルはば伊豆高原